Enemagra SAKURA で愛されBODY♡

こんにちは。

前回のコラムで、Enemagra SAKURAの全般的な部分にについて触れましたが、製品の魅力や膣トレに興味を持っていただけたでしょうか?

Enemagra SAKURA

今回のコラムでは、“Enemagra SAKURA”を使用することで、具体的にどのような体感があるのか、またその結果どのような変化が見られるのかについて、書いていこうと思います。

きっと、このコラムを読んでくださっている方にとっても、一番気になるところですよね。

まず、Enemagra SAKURAを使い続けることで、大きく分類すると2つのジャンルで、ご自身の お身体に変化を感じてもらうことができます。

Enemagura SAKURA の効果①

1つ目は。。。

ラブグッズとして考案されたものなので、ご自身の性感の感度を磨くことができます。

ご自身で、自分の身体と向き合い、性感を把握することで、彼とのラブタイムが、より濃厚な時間となっていくのです。

彼とのラブタイムは、愛する気持ちも大きいし、彼の温もりや優しさを感じることができるので、精 神的にとても満たされる時間。

母性本能も刺激されるので、彼に気持ちよくなって欲しくて、尽くしたい気持ちも芽生えますよね。

女性にとってのラブタイムはそんなものだと思っていませんか?

正直なところ私は、過去の男性とのラブタイムでは、尽くして終わることで満足していました。

性感が高まった身体になった今だから、気づけた経験値になりますが、そもそも男性と女性では絶頂を迎えるまでの過程が違い、私の感覚では、男性は摩擦で、女性は押されるような優しい圧で、絶頂を迎えるのだと思います。

ご存知の方もおられると思いますが、女性が絶頂を迎えると言われているスポットは、クリトリス・ Gスポット・ポルチオと、複数の性感スポットがあり、感覚さえ掴めば、射精をしない私達は、繰り返し絶頂を迎えることができます。

女性の性感がこんなにも磨かれるということ、私自身も無知だったけど、このような男女の違いを、正しく理解できていない男性が、ほとんどなのではないでしょうか。

“自分で性感の感度を磨くなんて…”と、最初は戸惑うかもしれませんが、まずはご自身で、どこをどんな風に刺激してもらうと、感じるのかを知ることで、彼をうまく誘導できるようになりますし、ラ タイムで絶頂を迎えるあなたの姿を見て、彼とのコミュニケーションが、深まっていくきっかけになるでしょう。

膣トレで習得した性感を思う存分に解放し、2人でゆっくりと快感を高め、“お互いを大切にしよ う”という気持ちで満たされながら、愛を育んでください。

Enemagura SAKURA の効果②

そしてもう1つの身体の変化は。。。

私の専門分野である、インナーマッスを養うことで得られる、身体の変化についてです。

Enemagra SAKURA

先日のコラムに書いた通り、Enemagra SAKURAを使用することで、体の背面側にあるインナーマッスルに、目を向けることができます。

そのインナーマッスルを、緩めて伸ばすように使える感覚を養うことで、しなやかなボディラインの女性らしい体へと変化していきます。

インナーマッスルといえば、体幹(体の中心部分)にあるものだと、認識されていることが多いですが、私の感覚としては、インナーマッスルは、足の先から頭のてっぺんまで全身にあり、全てのイン ナーマッスルが、強調しあうことで、よりボディコントロールのクオリティが上がっていきます。

例えば頚椎周辺のインナーを養うことで小顔に、肩甲骨周辺や股関節周辺のインナーバランスが養えると美くびれ、美尻、美姿勢を作りあげることができます。

また上半身の重みを、上半身にあるインナーが、安定して支えてくれることで、身体の一番下にある、脚への重みが軽減され、美脚作りに繋がります。

このように、全身のインナーマッスルが整っていけば、最終的に、わざわざ膣を引き締めようという意識をしていなくても、継続的にずっと、膣が引き締まった状態を作り出すことができます。

今までに誰しも一度は、筋トレをした経験がおありでしょうから、思い当たるふしがあると思うのですが、アウターマッスルのトレーニング(俗にいう筋トレ)は、回数や時間に限界がありませんか?

アウターマッスルは縮めて使っているので、一定のところで動かせなくなり、休ませることで、また使えるようになります。

一方で、インナーマッスルの使い方である、骨格を整え、緩めて伸ばすように使っていると、どこも無理をするところがないので、いつまでも休むことなく、継続して使うことができます。

体のどんなに小さな部位であったとしても、理にかなった使い方というのが、必ず存在していて、この緩めて使う感覚を、日常で使い続けられるようになると、前述したラブタイムもインナーマッスル で営むことができます。

そうすれば、より自分の性感を高めることに集中でき、アウターマッスルで得た時のような、ぐったりと疲労感が残る絶頂ではなく、お昼寝をしたくなるような、リラックスした心地のいい絶頂へと変わっていき、回数に関わらず、深い絶頂を経験できるようになります。

ここまで読み進めていただくと、1つ目に書いた性感を磨くこと、2つ目に書いたインナーマッスルを養うことは、密接で繊細な関係で成り立っているということを、ご理解いただけたでしょうか?

どちらが動機になっていたとしても、構わないんです。

継続して養い向き合うことで、ご自身のものとなり、どちらも習得できます。

そして体の変化とともに、精神的な面でも満たされ、内面からも美しさが溢れ出る、心身ともにインナーが魅力的な女性へと、充実した日常を過ごしていきましょう。

次回からは数回に分けて、Enemagra SAKURAの具体的な使い方と、その時にどんな意識をするの かを、書いていきたいと思います。

今回も長くなりましたが、最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です