女性らしい身体作り

こんにちは。

今年の梅雨は、長梅雨だとか。。。

関西では、ジメジメ蒸し蒸しした日が続いていて、マスク生活の大変さを実感しています。

そんな矢先、先日沖縄に居るお友達が、早々に梅雨明けした沖縄の海の写真を送ってくれて、海のBlueもお空のBlueも、とても綺麗で気持ちが和んだので、お気に入りの1枚をここにもアップしておきますね。

もう一息かな、不快指数の高い季節ですが、上手く乗り切っていきましょう。

さて、今日は前回のコラムで皆さまに考えていただいていた、私の体の変化についての答え合わせをしようと思います。

前回も載せていた写真ですが、皆さまはいくつぐらい変化に気づけましたか?

また、今のご自分のお体との違いも、感じ取れたでしょうか?

始めに答え合わせをすると“全身”で、あらゆる変化が出ました。

この比較の写真では、足元までは写っていませんが、以前に“全身の皮膚は、1枚で繋がって居るんだよ~”と、お伝えしたように、体のどこかで起こり出した変化は、良くも悪くも全身へ波及していきます。

そういう意味では、今回の私の変化のように、より理想に近づけたという結果とは真逆で、例えば、どこかで負傷が発生すると、大抵の方は、痛いところを庇うようにして体を使いだすので、歪まなくてもいいところまで歪んでしまい、本来の負傷部位以外のところまで、傷めてしまうということも、ありがちなことなのです。

骨格やその周辺に付随する筋でのベクトルは、全身では繋がっていて、インナーマッスルを正しく使えるようになる上では、そのベクトルを、遮らないように使えるようになること、だということを記憶として残しておいてくださいね。

では、少し写真の中でお伝えしたいところを、ピックアップして書いていこうと思います。

私は、ここ3年半ほど、インナーマッスルを養うことと向き合っているので、2019年の写真の頃も、インナーマッスルを意識する生活はしています。

それでもこの差。。。

インナーマッスルを使えているところと、伸び切っていなくて、アウターを使いそうになっているところが、混ざっている状態です。

このような経過途中では、継続して同一の体勢をしている時に、ほんの少し違和感だったり、“楽に体が使えてる~”と、自信をもって感じ取れているというよりは、“う~ん、少し違うかも”と、これは長年の感覚で感じ取れる感性で、体が訴えてきます。

小さな違和感でも、そういうことに気づき、受け止める習慣が、“どこか間違っている部分がある”ということに、気づくきっかけですし、次への課題のきっかけになるので、前向きに受け入れててくださいね。

少し前置きに逸れましたが、まず今回の自粛生活の中で、私自身で大きく変わったなぁと自覚しているところは、胸郭の使い方です。

前々から、“もう少しお腹をしなやかに使えないかなぁ”と、いう思いがあり、常に頭の片隅では、気になっていました。

その感覚を、一気に解消してくれたのが、胸郭の可動域の向上です。

2019年の写真では、胸もお腹も、上から押さえつけられてるような感じで、縮みと硬そうに見えますよね。

何か他の動作に移るときには、縮みやたるみのワンクッションが出てしまう状態です。

それが、2020年の写真では、解放されていて、スッキリ上下に伸びています。

この状態では、安定して上半身を支えていられるので、次の動作に移る時にでも、いちいち縮みやたるまなくても、シンプル・シャープに次の動作に切り替わっていきます。

そして見た目にも

  • バストトップの位置が高い
  • アンダーバストがほっそり
  • ウエストのくびれの位置が高い

と、随分と違いますよね。

正しく、上下双方向に引っ張り合いっこができることで、筋肉質なボディラインから、しなやかなボディラインへと変わりました。

バストを前に押し出しているのではなく、胸郭も背骨に合わさるような感覚で、上下の双方向で引き合いができると、その下にあるお腹が押し潰されることなく、一緒に上下に引き合うことができて、固めてしまうことなくしなやかに使うことができます。

さらに、上半身の負担が、股関節や足でも緩和されていくので、全身で負担の軽減になっていくのです。

このことを安定して自分の体の習慣にしていこうと思い、前回のコラムで書いていたように自粛期間中に毎日丁寧な雑巾掛けを継続してやっていたのです。

このコラムを、読んでくださっている皆さまも、殆どが女性だと思いますし、ムキムキの筋肉質なボディというよりは、しなやかでメリハリのあるボディを、目指されている方が圧倒的に多いと思います。

胸郭の可動域を、向上させるメカニズムについては、次回に詳しく説明していこうと思いますが、今回は最後に“一瞬で胸郭と背骨を正しく意識できる”魔法のようなキーワードだけを、皆様にお伝えしておきます。

それは。。。
“乳首は真っ正面”
です。

“バスト”じゃなくて“乳首”ですよ~。

手探りしながら、ご自身で考えてほしいので、キーワードだけにして、あれこれは次回に書いていきますね。

それまでに、一度ご自身のお身体と向き合って、答えを見つけてみてくださいね。

ではまた次回。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です