ラブグッズ。。。その正体は⁈

こんにちは。

前回のコラムではインナーマッスルについてを掘り下げて書きましたが、大まかな部分は理解していただけたでしょうか⁈

インナーマッスルは、本当に奥が深く、簡単な言葉で片づけられるほど、薄っぺらいものではありません。

もっともっと、このコラムを読んでくださる方に、インナーマッスルのことをお教えしたい、いろんな角度からお伝えしていきたいこともありますので、それは順を追って書いていくことにしますね。

先日、記事にしたことは最低限、インナーマッスルの入門として、理解を深めておいて下さい。

さて、今日の本題は、私が先日から軽く触れているラブグッズについてです。

某ショッピングサイトで“膣トレ”と検索すると、多種多様な製品が見つかります。

丸いボールのようなものや男性器の形に似たもの、また電動で刺激を与えてくれるものなど、形状や性能も様々です。

そんな数ある製品の中で私が推奨しているのは、“エネマグラ(Eemagra)”という製品です。

このコラムを読んでくださっている方の中には、“エネマグラ”をご存知の方もおられるでしょうか?

Enemagra SAKURA

光漢堂さんから発売されている“エネマグラ”の中にはいくつかのシリーズがあって、私が愛用している製品は“SAKURA”という、女性向けに開発されたシリーズです。

Enemagra SAKURA

私が“Enemagra SAKURA”に惚れ込んでしまった理由として、小ぶりで丸みのある可愛い形をしてい る(機能面)、またネーミングにぴったりな、柔らかなピンク色(デザイン)をしている、トレーナーであり女性である私のハートを、どちらの条件でも満たしてくれたからです。

この“Enemagra SAKURA”を推奨するにあたり、実際にいくつか他の製品も手に取ってみましたが、 インナーマッスルが確実に使える条件を満たしていたのが、彼が最初に教えてくれた“Enemagra SAKURA”でした。

インナーマッスルを養うためには、体を前後で2つに分けた時の背面側に、製品が“面”でフィットしていること、それから自分自身のペースで使用できることが重要になります。

膣トレをインナーマッスルだけで行えるようになるには、当たり前ですがグッズを挿入した時に、アウターを刺激してしまうような大きさや形状をしていると、インナーマッスルは養えませんし、目覚めようとはしてくれません。

例えば、丸い形状のものだと膣の中の壁と製品が“点”で接地することになってしまい、感覚が“点”でしか感じられないので、アウターマッスルで締めつけるような動きをしてしまいがちになります。

それが棒のような細長い形状をしていると、“面”で膣の中の壁と製品が接地している感覚を感じ取ることができ、その感覚がインナーマッスルを養う上でとても役に立ちます。

更に、ただ言葉での表現だけで、“膣の中の背面側を意識して下さい”と言われると、人間はギュッと力むことで(アウターマッスル)その感覚を覚えようとしてしまいます。

しかし、膣の背面側に“Enemagra SAKURA”が棒状で触れていれば、たったそれだけで、感触とし て膣の中の背面に強く意識を向けることができ、リラックスした状態でも感覚が養える(インナーマッスル)ようになります。

そして刺激が強すぎるというのも、自ずと体が身構えてしまうので、リラックスしてインナーマッスルが緩んでいる状態、というのを作り出すことができません。

関連づけてお話しすると、強い刺激で得る強制的に近い快楽は、インナーマッスルが養えて得る快楽とは別のもので、インナーマッスルでの快楽を体感すれば、自分自身の満足度が大きく変化しますし、愛する彼にも明らかに違いが伝わるので、2人で過ごす時間も濃厚なものになっていくことでしょう。

“Enemagra SAKURA”の小ぶりなサイズ感も、生理用品ともさほど変わらないサイズであり、初めて使う女性にっとっても抵抗感を軽減してくれると思います。

Enemagra SAKURA

今回も、このコラムを読んでくださっている方に、お伝えしたいことがたくさんあったので、長いコラムになりましたが、“Enemagra SAKURA”の機能を最大限に活用していただければ嬉しいなぁという思いです。

ここで私がお伝えするメゾットは、ただ作業のようにこなすのではなく、1回1回を正しい方法で、ご自身の体と向き合いながら積み重ねていくことで、自他ともに愛せるふんわりマシュマロボディを 一緒に作っていきましょう。

それでは次回は、“Enemagra SAKURA”が使いこなせると、どのような変化と結果が得られるのかを 詳しく書いていこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です